香川塩ビ工業 ブログ

商品情報、雷魚ネタなど。

カテゴリ: フロッグ製作ネタ

だいぶ前に、インディーズフロッグ好きなNOGさんと釣行した際、ごちゃまぜラメのマンズを見せてもらいましたwどーも、ラメ作って余ったラメを混ぜて作ったみたいで、これがなかなかいい色wで、これはディップフロッグを作る過程で出るカタから流れるゾルをためたものな ...

珍しく平日の雷魚会議w丸山さんとジンへ。雷魚の話に花が咲き、3時間半あっという間wその中でチューニングを見せてもらったのですが、丸山さんのチューニングで、シンカー周りにシーラーでコブを作り、皮を上へオフセットさせて針先を隠すというやり方を勉強させてもらいま ...

前々からチューニングしてたウズラが完成wフックはアサヒケンケンの3号!ゲイブのあたりの肉が残る。イマイチだぜwウェイトは15gで70度くらいかな?釣れないことはないとは思うものの、正直、セッティングめんどいし、フッキングも難アリ。やっぱタマゴフロッグは背 ...

クロラメのゾル調整して、成形テスト。ピンク、クロラメ、クリアで三重成形。やってみると、ラメが薄くてイマイチ!こないだこられた廣瀬さんに差し上げたらチューニングしたそうです!ハニカム4.5/0で組んでこんな感じ!フッキングえぐそうですね~!海部郡で活躍期待です~ ...

フルトーゾルがきたので、クロラメ調整します!クロラメは濃すぎると、黒ソリッドと変わらないので、薄くしてゴマカラーとして販売予定です。久々の110コバゾール。クロラメ30g→コバゾールいれて900mlで調整しています。コバゾールの110を使うのが久々なので ...

フロッグ製作で使うハロゲンマスク。この紐がくたびれてきたので新調しました。やっぱハリがあって、新品はいいっちゃ! ...

現在、ゾルの保管で使っているのが900mlの百均ガラス瓶なんですが、重いのと、900mlっつー中途半端な量で、2Lくらいのが良いなと思っていて、2LのPE瓶を買ってみました。そんでコバヤシに相談してみると、どうもポリはやめた方がいいらしく、理由は可塑剤の溶剤 ...

以前オオポカしてバルブ選定ミスったんですが、選定しなおして完成w補給する入口が大きくなってるのが特徴なりw続いて注文してたゾルが着弾。110VT-Z。正真正銘の透明ゾルですwゾルの厄介なところは開け口。塗料缶の口スチール缶の口と大きさが全然違うので、一気にド ...

ヒバリビック、チューニングしてみましたよ!フックはラッチーの6/0。ウェイトは18g程度で垂直。まぁ、エグイっちゃエグイんですが、シンカーの収まり方が微妙。ケツ下がフックラしすぎてて、そこにシンカーが押される感じです。やっぱ、原型にゴムつけてロストワックス屋に ...

さてさて、バルブ付バケツの組み立てで、モノタローからバルブが届きましたよ!こんな感じで組み立てたんですけど、バルブのハンドルが缶に当たるんだよな・・・orz選定ミスやっ!リベンジいくでっ! ...

クロラメ、ちょっと薄くしてリベンジしてみました!結果、なんとなくサマになってきたんやけど、透明感が悪い。な~~~んか、曇っているような・・・・ん~~~!?って思って、ハットしたんですが・・・・ゾル自体が白い!透明のゾル注文したつもりが、白いゾル来とるがな ...

藤田さんからのオリカラ仕事!クロラメです!これをゾルで溶いてこうなったら一昼夜放置。すると、表面に気泡みたいなアクが出るので、それを除去して成形。結果がコレ。下地が赤なのですが、クロラメ大杉なのか、発色が悪い。これを狙っていかないけんけん、やりなおし。ク ...

藤田さんオススメのウズラ、チューニングしてみます!しっかし、ボツにしただけあって針が合わん合わんwデッドスティングで組むのは藤田さんと同じなのであえて、アサヒのケンケン4号でやってみます^^ ...

これは14グラム。全部リアにウエイトを持っていくと簡単にひっくり返って背中がフラットなので戻りにくくなってしまいます…なので、腹に1グラム前後ウエイトを入れています!とのことですw ...

プロトを納品して、その後気に入って、幾度もプロトの注文をしてくれる藤田さんより、セッティングのデータをいただきました!プロトプロトいうのも、たくさんあるので、名前つけよう!というわけで、ネーミングをお願いしたところ、「ウズラ」でとのことw丸っこいフロッグ ...

タカ。少し大きめに成形いって、デッドスティングの5/0Xを左シャンク落としでノーシンカーチューニング。ナベ店長直伝の「オープンは、ナチュラル系カラーで」にならって、黒ソリッド。アクション、いいわやっぱ!飛距離もいい感じ!細長いフロッグは、フッキング以外は完璧 ...

ダメ、ダメときて、最後にもってきたっつーことは、ハイ。お察しの通り、やばそうなんですわ、ヒバリ。合わせている針は、ゴウソウの6号。これね、大きさ、飛距離、フッキング、エグイレベル行くと思います!しかし、もともとのヒバリに比べるとだいぶでかいんで、ヒバリじゃ ...

次、ハト。だからデカイって!アナ針、全然あってねーじゃん!ケンケンの1号でも合わすんか、これダメ、ボツ!こんなんハトじゃねぇっつの! ...

今期の量産型のチューニングテスト。まずはスズメ。もともとのジャストフィット針、ラッチーの5/0S2。デカイって!これ、小型フロッグじゃないから!だめだこれ、とてもじゃないけど、スズメにあらず。ボツだボツ! ...

ゾルの調整でナンギするのが、移し替え。それを便利にするために、コレかってきました!ジャパンペールのコック付きブレーキオイル缶缶の下にバルブつけて、コック操作でゾルを出し入れして調整するようにします! ...

うまいこといきましたwラメの極薄成形wたぶん、ケツの厚み1㎜弱。めちゃんこやりこいラメですw山本さんをはじめ、浜田さんとか、極薄フロッグフリークの方にお勧めです~^^ ...

ラメフロッグは、3重成形が必要なことから厚く、硬くなりがちです。そのラメの薄いやりこいものを希望ということで、温度をいじって調整してみます。1発目のベースの皮を薄くして、2発目のラメ層を、落ちる最中にガンを当てるのではなくて、結構落として成形してみます。1発 ...

先日の雷魚会議にて、前々から気になってたカマチョフロッグが登場w噂のコーキング用シリコンフロッグ!アイレスでチューニングきめていましたw皮の厚みの均一化もいい感じに仕上がっていて戦力高そうです!釣果期待です~^^ ...

とりあえず成形してみました。ヒバリ。奥のがもともとのサイズ。というか、これ、小型フロッグの域をでているのでは・・・・orzチューニングしたら多分戦力にはなるんだろうけど、スナプル愛用者のハートはつかめそうにない感じ。ハト。もはや、ボンビクラス。アナ針でさえ合 ...

続いて、上からハト、ヒバリ、スズメが着弾。これはテストするので、各1個ずつお願いしましたwこれはスズメ、頼んでいた、目を消す作業は完璧にしてくれています^^が、すこし、デカくないか?他のも同様。で、めっさ気になるのが、テンコツのタレ跡。これも改善の余地ア ...

ロストワックス屋からたのんでたカタが届きました!これにてふくろう、ハヤブサ、ツバメが各7個、完全に量産化可能です!これから納期がかなり早くなりますので、よろしくです^^チューニングまで手が回るようになったらイイナ! ...

浜田さんにやり方をお聞きしましたが、いらないフロッグの皮を切ってパンドーで重ねて接着するそうです。それをハンダコテで溶かして溶接するそうです、古いフロッグのアイもこれで復活できるそうで、アイを縛る派のライギョマンは参考になりますね~^^チューニングのセッ ...

山本さんがお友達の浜田さんにフロッグを差し上げて気に入ってくれたようで、浜田さんより注文が入りました^^浜田さんは、アイを縛る派で、フクスケフロッグにアイ用のテンコツを追加してチューニングしているそうです!ライヒー地域なので、フロッグはやはり小さ目が好き ...

藤田さんのプロト注文wこれ、カワユイwドロップ好きな人はいいカモw ...

こだわりの注文でおなじみの藤田さんから、またまたこだわり注文w以前、差し上げたB品の、プロトがお気に入りなようで、カタはプロト指定。そして、色が、こんなんが良いとのことで、カラーチャートでいうところの、こんな感じとのことで、ならば、黒ソリッドの上から赤を ...

で、鋳造屋への指示。アイのところのタレをどうするのかということで、修正ラインを入れてくれとの音。イラレで、滑らかなRを描いて、こうしてくれと指示しました。ケツのRは問題無し。あと、成形ゴムをカタ取りしている関係で、成形時に付いたタレ跡があるんで、そのスジ ...

というわけで、打合せナウ。鋳造屋から、送られてきた写真をもとに、あれをこうしろ、ここはあーしろという形で打合せ。鋳造屋はフロッグ成形の原型製作のノウハウがなく、僕は僕で鋳造から、手直し研磨のノウハウがないときているモンだから、お互いイメージがイマイチつかな ...

同じツバメで、ブラストカタとバフカタとで成形してみました。ブラストカタのほうがザラザラしてる分、肉付きはいいかな~?へこました感じは、どちらも似たようなモンですが、ブラストのほうが、ちょっと弾力がない感じ。パール成形と同じような感じ。エンボス加工されてる ...

鋳造屋にショットお願いしてたら、こんなん帰ってきました。僕が思ってたんですが、ショット=バフかと思ったら、ショットって、形を整えて、サンドブラストかけることで、バフは、磨きとか、研磨とかいうみたいです汗専門用語、わかんね~~~~勉強になりました。 ...

上が、もともとのカタで作ったツバメ。下が量産型で作ったツバメ。量産型のほうが、気持ち小さいですが、同じ針バジュラを搭載しているので、デカイ原型のよりは、量産型のほうがフッキングがエグイです!僕が触った感じ、ツバメがイチバン完成度高いと思います。ちょっと草 ...

愛用のワームシッポ。装着してそのまま、フロッグケースにいれてたら、ワームの可塑剤でソークされて、ミミズばれに・・・orzワームも塩ビで、塩ビ:可塑剤=10:16くらいのマテリアル使ってるもんだから、可塑剤でフロッグのボディがソークされます。保管時は外しておいたほうが ...

フロッグ製作の必需品、塩素ガス飛ばしのための換気の工場扇がツマミ割れました!2年くらい使いましたが、クッソカチカチしたけん、しょーないっちゃしょーないけんど。なおさないかん! ...

阿久津さんに出荷しました!2年も待たせて申し訳ありません汗活躍期待してます~^^ ...

2年前にチューニングの依頼をしてくれた阿久津さんですが、あまりに時間がたっているのと、チューニング再開のメドもつかないということで、フックアイツキおまかせ3個に変更してくれました!僕的には一番のおすすめ、量産ツバメですが、いい感じの皮に仕上がりました!アタ ...

りょうさんから、こんな感じのフロッグとのことで、こんな図になって、成形してみたんですが、黄色が透けてイマイチ!カラシでやり直してみます^^ ...

あとは、ツメで、腹をなるべく削らないように。滑らかなRを描く感じでショットお願いってのと、ここがとがりすぎると、成形で薄すぎるんで、ちょっと面を落とす感じでってので、お願いして、指示書をつけて、発送。あとは、仕上がり待ちです。完成楽しみ~www ...

鋳造屋からしたら、ノウハウが分からないんで、メモ書き必須とのことです。フロッグの場合、ショットで腹が平なものとそうでないものがあるんで、なるべく、腹は緩いRをかけた船底体型に持っていくこと。下のフクロウはNGで、上のヒバリみたいなのがOKとメモ書き入れておきま ...

スズメの復活ついでに、他のフロッグもカタ取り。左からハト、ヒバリ。ハトは、アナ針が少し大きくてフィッティングであずるんで、厚めに成形したカタを送ります。ヒバリは、すでにカタがあるのですが、現在量産のが少し小さすぎてフィッティングがめんどいんで、大きくする ...

ですが、手持ちのスズメは、すべて目ありです。この状態でカタを複製すると、目が盛り上がったカタになってしまうので、そこは、ショット時に目を削ること、ディップ成形時のアイのタレ跡は、丸く削ってもらうことで、対応してもらうことにします! ...

これが我が家の現存する最後のスズメ。皮のみです。DDM主催のキープキャストの展示用ですが、ここで役立つとは思いませんでしたwショットで小さくなるので、一番分厚いものをチョイス。銀ラメのソリッドですね!このままではへこむので、ここをふさぎます。パンドーでふさい ...

フッキングを追及していくと、太くて、短いフロッグになるべくデカイ針というのがセオリーです。その意味でいうと、フッキング最強のフロッグは、スズメです。自分でも名作だと思っているのですが、カタが行方不明になっちゃって、さらに、お客様も愛用している人が多く、復 ...

見本と同じのを作れというのは難しいですが、見本よりも柔らかい皮は浸漬時間を短くして薄くすれば可能です。というわけで、納品用の皮は極薄。1㎜ないくらいの皮です。市販ではぜったいない柔らかさナリ。ただし、これはこれで腹継が難しく、というのも、薄すぎてパンドーの ...

で、一概に「柔らかく」といわれても、「どれくらい?」というのが分からないのがフロッグ製作の難しいところ。出来上がった時のもんだ時の手の感覚ですから。山本さんがいうには、マックス緑の硬さ。それよりやりこいのは全然OKですが、緑のよりも硬いのはNGで!とのこ ...

山本さんより2つのフロッグが送られてきました。山本さんは、ライヒーと小型カムルチーがメインのフィールドで、極限まで柔らかい皮をご注文されます。で、何度となく納品しているのですが、硬いとバレが多いらしく、ターコイズが硬すぎてダメ。緑のはグッドだとのことで、柔 ...

和山さんからのご依頼。オレンジを成形した後、チャックのような模様を描いて成形。爪楊枝でのペイントは、長い直線があずります。というのも、引いたら楊枝にゾルがなくなって細くなるんで、少し書いては足して書いてを繰り返すからです。横線の短いのも、2回で引いています ...

↑このページのトップヘ