業者から、オーダー分がそろった通知と、シッピング完了通知、トラッキングNoの通知があり、そのまま到着を待ちます。

その後、荷物が税関にストップ。

でかい荷物やのに、インボイス値段が安すぎるというお決まりの税関ストップで、税関からインボイスの送付依頼がやってきました。

なんせ、インボイスが合計金額のみなので、そんなインボイスでは税関が通らないんで、業者に、数量と単価を記載したインボイスの送付を依頼。

そしてしばらくしてやってきたインボイスにびっくり仰天ですわ。

10ドル。

「すべて」単価10ドルで、数量適当。無理やり合計金額に合わせた驚きのインボイス到着ですわ。

さすがにこれではと思って税関に連絡してみると、オーダーをしたときのメール履歴と合計金額のインボイスで通関する旨を連絡され、その後、ペイジー番号で、関税、通関料を支払い、ようやく荷物が到着。

中に、本物のインボイスが入っていて、それみてビックリ。

続く。