1 エサのデメリット 移すのが手間

IMG_3181
だいたい、網でエサすくってこの状態で運んで水槽に移すわけですわ。

そうすると、エサを水槽に入れる時に網つかうやん?

ほしたら、石とか水草のカスとかのゴミまで一緒に入るわけ。

そうすると、エサと一緒にゴミまで入るわけで、エサだけ入れようと思うと、エサをゴミと一緒に掬って、網の中でゴミを除去して、エサだけを水槽に移送するって手順。

まぁ、

時間かかるわなw

数多いと鬼のように時間がかかって、ずっと中腰だもんだから、腰痛必須。

できれば、掬う段階で、エサだけ掬うのが理想。

そうすると、オススメなのは、流れ込み。流れ込みはゴミなくて水に群がるエサを救うので、案外余計なものが取れないのだ!

2.暑いと死ぬ。
夏場は35度超えること多々あり、移送中、飼育中に死亡。

3.水質悪化。
エサもフンするんで、汚れます。エビは臭いがキツイ。

4.捕食シーンが見れない。
セルフで食べてもらってると、捕食シーンには縁がありませんw肉食魚かっててもおもんない!

以上、色々な理由から、メインは人口餌、たまに生き餌で捕食シーンを楽しむ。

この方向へ逝った方がいいと思います!