会社の釣りクラブでじゃのひれへ。

6時半到着し、フライング気味にスタートw

3932779_2319390608_127large
貸し切りイケスは、少々早くても入れるのだ!

3932779_2319390604_62large
で、今回はエサを変えて、マダイストロングと、ゴカイ。アオムシ。

で、スタートして、タイを狙って、底を練り餌とゴカイで責めるも、大苦戦。

エサトリのアジ多すぎですわ!

ですが、そこはじゃのひれ。

3932779_2319390606_237large
ボウズはない!って感じのタイゲット。

ですが、渋い!

なんつーか、底に着くまでにエサが取られて、苦戦します。

長いこと沈黙が続き、ようやく待ちに待ったハマチの追加放流。

しかし、1匹釣れただけで後が続かず。

シーン

ちゅう感じで時間がたつのを待っていると、

ジャノヒレとビックフィッシングのジャケット来た人が近づいてきて、釣れてますか~~ちゅうて、話に来てくれました。

この人、実は海上釣り堀のスペシャリストで、ボランチアで、釣れないイケスを爆釣させているんだとか。

まゆつばモンやろ~~~

って半信半疑だったんですが、手持ちのクーラーから、特製のエサを取り出し、藤井さんの竿を貸してもらってから、ハシっこをせめていきました。

すると、なんと、有言実行のごとく、連発します!

これはっ!

ただならぬテクニックを感じたワタクシ。

釣りそっちのけで、海上釣り堀攻略の「理論」を勉強させてもらいました!

なるほど、普通とは違う攻め方で結果を出すというか、活性を持続させるのがキモとか、色々と勉強になりました!

3932779_2319390603_230large
僕はそれからうれしいシマダイ追加で納竿!

3932779_2319390825_121large
名刺もらいましたが、会長さん、名人でっせ!ウロウロしてたら、アドバイスしてもらうと絶対いいとおもいます!

で、帰ってから料理。

3932779_2319390861_91large
しまあじは、刺身、タイは塩焼き。内臓付近は煮つけ。

やっぱ刺身はしまあじが世界最強だなw

次回の海上釣り堀は名人のやりかたマネするぜっ!