CSロケットなんかのプッシュボタンタイプをサムバー化する際に、必要になるのがリンクアームです。

当方、自前の5501Cマミヤクラシックレプリカをサムバー化する際は、左のリールに最初から左用のリンクアームが付いておりました。

そのため、ポン付で取り付け可能でした。

ところが、ブラックエディションをサムバー化する際は、左のリールなのに、右側のリンクアームが付いており、クラッチが切れない状態になっていました。

なぜだかわからないまま、リンクアームを移植して使っていましたが、

その後、ちょくちょく、事務所持ち込みでサムバー化をするお客様がおり、右ハンに右リンクアーム、右ハンに左リンクアーム、左ハンに右リンクアーム、左ハンに左リンクアームと、さまざま。

数台見て気づいたんですが、

プッシュボタンだったら、リンクアームは右でも左でもクラッチが切れるわけです。

だから、

アブが組み立てる際、左ハンドルのプッシュボタンを組み付け時に、左のリンクアームがなければ右を流用。

右ハンのリールを組み付ける際、右のリンクアームがなければ、左を流用。

という具合にしているというわけです。

もしくは、最初にサムバーを組んで、余ったリンクアームで、プッシュボタンアブを組み付けって感じでしょうね。

サムバー化を検討しているお客様は、必ず実機のリンクアームの形状を確認の上、ご購入お願いします!

142475306_o3