ヤフオクやら、ヤフショやら、アマゾンやらで、

「ノンブランド、ベアリング」ちゅうて検索したらやっすいベアリングがよっけ出てきますけどね、

あれ、ウチでも扱っていたのでよく知っているのですが、

仕入れ先はアリババ系の中国ECサイト。

仕入れ値1個20円くらいのクソボロです。

「ハンドルノブ専用、当店オリジナル!オイルチューニング付!」

ちゅうて、具体的な製造元の名前を出していないところなんかもそうですね。

僕もこの手のベアリングを扱っていて、かなり苦労しました。

なので、根本的な品質改善を行うことにしました。

まず、なぜにこの中国ベアリングがボロいのかという点について説明します。

まずベアリングの安売りを追及していくと確実「中国」に行きつきます。ミネベアのDDL740ZZなんかも中国工場です。

これは価格競争の結果そうなるのでしょうが、家電他、巨大輸出産業を支えている以上、中国は世界最大のベアリング製造国と言えると思います。

そのため、アリババコムなんかで、ベアリングの製造オファーかけたら、まぁ、来るわ来るわ、真夏のセミなみに、どこからかしこから、兎に角、

すさまじい数の工場、ショップからアクセスがあります。

ただ、数があれば、ピンからキリまでで、1個10円程度のボロから、100円越えの単価まで千差万別。

兎に角、日本のベアリング供給事情とはケタが違うと思ってください。

世界最大級のベアリングサプライヤーが無数に存在するわけです。

続く。