結局、売上は動かせず、仕入れも動かせず、動かせるのは経費ぐらいで、その経費もがんじがらめで、

税理士は所得を圧縮する方向であれこれ頑張ってくれるのですが、

最後の最後は、

医療費控除。

これは扶養家族全部の領収書がいけるらしいので、扶養に入れた実家の母ちゃんと、嫁子供の医療費領収。とはいえ、坂出は子供医療費全額免除なので、俺と嫁くらいのもんだけど、頑張って集めて、どうにかこうにか10万超えて控除を受けることができました。

1万ちょいだけど、現在の税率がアホほど高いのでバカにならないのです。

で、医療費控除、どれがイケて、どれがいかんのか、微妙なラインが多いらしくて、領収書全部もってこいいわれて、税理士丸投げ状態で計算してもらいました。

驚いたのは、治療にかかるのはイケて、予防はダメ。とのことで、

健康診断はダメ。

だけど、ドラッグストアで買った風邪薬や胃薬はイケルようです。

まじか~~~!

病院以外にもいけるんやね~~~

で、大人の歯の矯正はNGやけど、子供はOKとか、

インプラントはイケルとか、

もはや、ルールがよくわからんのんで、治療とかドラッグストアの明細はすべてとっておいた方がよさそうです。

そんなわけで、最近は、レシートに目をひからせちょりますw

税務署に対抗できる手段は、領収書だけやもんね~~~!