だいぶ前からハヤブサチューニングで針先眠らせテクニックを紹介してきましたが、最終段階ですw

IMG_3339
少し針先が浮いている状態。

IMG_3341
骨組みです。

IMG_3342
8㎜の収縮チューブを使います。

IMG_3344
連結部にかぶせます。

IMG_3345
これを温めて縮めると、

IMG_3347
シャンク~アイが一直線になり、針先が眠ってくれます。

IMG_3353
さらに、ちょい前に紹介しましたが、個体によっては、ルーターでフックホールの出口を削ったほうがいいものもあります。

IMG_3351
セット。アイが少し上を向いていると思いますが、これで針先は完全に隠れてウィードレス機能は抜群になりますw

ハヤブサのチューニングはちょっと骨組みの全長を短めにして、フン詰まり気味にしてチューブで針先を隠す方法がグッドだと思います^^

前も紹介しましたが、

IMG_3237
個体によっては、ゲイブ周りにPE巻いて、

IMG_3352
フロッグのケツのところのボディを少し押し上げるような形状にセットした方がいいです^^

IMG_3350
ウィードレス機能バッチリ、フッキングもグ~~~!

シーリング終わったらカタログ用画像と共に紹介しますね~!