で、このコグホイールチューニング。より優れた取り付け方法があります。

P6201837
これはアブ駆動チューンの神様、ベストタックルにチューニングに出した際、加工されるコグです。

樹脂ギア加工は、ブレをなくすことが非常に難しいのですが、特殊な技術を使って、全然ぶれない安定した加工を施しており、写真では見えないんですけど、コグポストの根本にベアリングの外輪が非接触になるように削って、固定のクリップはオリジナルです。

正直、ベストタックルには勝てませんが、僕は自前のコグを取り付ける際、マネしてクリップを自作しています!


4490
オリジナルクリップの根拠はコレです。4490クリップはストレートなので、コグを押さえてギアを固定するのには不向きです。

entyuu
一方、ワイヤーリングは、円柱状のクリップなので、ベアリングの内輪を軽く抑えることができるので、上下のブレは少なくできるというのがその理由です。

IMG_2589
ベストタックルのマネをして、1㎜のワイヤーを用意します。僕はステンの軟線を使っていますが、ベストタックルは、別の素材のものです。秘密かもしれないんで言いませんw
ちなみに、ホムセンとかいって手に入る規格モノは0.8mmから1.2mmと一気に0.4mm太くなるので、1㎜ワイヤーはそこらのホムセンには売ってないと思います。当店、切り売りしているので、よろしければ、購入を検討ください^^

IMG_2590
適当な長さに切ります。

IMG_2593
コグポストの径は3.5mmといったところ。

IMG_2591
アブの場合、スプールシャフトの細いほうが3mmなので、これに巻き付けて作ります。

IMG_2594
余分なワイヤーを切断。

IMG_2596
こんな感じにして、

IMG_2597
ラジペンでクイッと輪っかにして、

IMG_2613
入れてみたら入らず。

IMG_2615
そこで、再びラジペンでちょっと開いて、

IMG_2608
いい感じになったものの、切断面を見てみると、アラが。ペンチって結局、圧縮して切るんで、線断面が広がっちゃって、尖るんです。

IMG_2609
これをルーターで面取りして滑らかにします。

IMG_2611
ルーターの先端ピットはこれがいいです。

IMG_2612
これで完成!

IMG_2620IMG_2621
ちょっと押し込んでやれば、ちゃんと固定できます!

が、シムキツキツになっちゃったので、調整しなおします。

IMG_2623
片方を指で、片方をドライバで押して外せば

IMG_2617
外れます。

IMG_2619
シムを減らしつつ、オイルアップしつつ、

IMG_2624
結局、シム2枚で取り付け完了!

IMG_2627
横から見たらこんな感じ!

IMG_2632
回転もグッド!

だけど、ガタツキの具合は、やっぱベストタックルのほうがないです。そこらへんが技術なんでしょうね~!

正直、クリップ自作、めんどいんで、4490そのまま使っても良いですし、手間かけて自作しても大丈夫です^^

ワイヤー1本あれば、かなり作れるので、挑戦したい人は是非当店のワイヤーをお買い求めください!

1㎜の軟線はそこらのホムセンには売っていません!