ま、脱脂はあとにして、まずはバラします。

IMG_2060IMG_2061
レベルワインダーのキャップを外して、5176パイロットガイドを取り出します。


IMG_2062ウォームシャフトの分解。まずはツメを外して、

IMG_2063レベルワインダーとウォームシャフトを外します。

IMG_2064ウォームシャフトは2BBのチタンコーティングシャフトです。

IMG_2066反対側からベアリングを抜きます。

IMG_2067で、スプールベアリングはカップ内臓ですので、これも外します。

IMG_2068固定ワイヤーを外します。

IMG_2069で、外そうと思ったらベアリングが出ない!なんとコグホイールに当たってベアリングが外せません。コグホイールを外せば可能ですが、これを外すと4490クリップが余分に必要になるのでやりません。

IMG_2070改めてココ、ご覧下さい。すさまじいグリス!駆動の要のコグホイールがこのありさまですからね~。買ってスグOHは必須です!

IMG_2074ガンガンにパーツクリーナーをかけてキレイにします。たまにクリーナーのオススメ聞かれるんですけど、僕はホムセンの一番安いヤツを使っていますw消耗品ですので、安いほうがいいんじゃないですかね~!?

IMG_2075あと、これもたまに質問であるのですが、CSHのフレームはウルキャス、オールドとは互換性がありません。パーミング側がストレートになっていて、つかないのです。オールドとウルキャスは互換性あります。昔のRCNレコードも。UCは互換性ありません。
IMG_2076IMG_2077よくご覧ください!

IMG_2078グリス、経年劣化で硬くなっててクリーナーでは落ちなかったのでティッシュで。

IMG_2080おりゃ!

IMG_2082回転軽くなりました~!

IMG_2083ドライブシャフト。長いことOHしてないと、ドラグの樹脂ワッシャが固着したりするので、定期的にOHしてくださいね~!

IMG_2084ウォームシャフト。チタンコーティングの2BBシャフト。これも新品状態では、BBにグリスベタベタなので、キレイにします。

IMG_2086評判の悪いチタンシャフト。パイロットガイドの減り方が尋常じゃないそうで、

IMG_2087メインはブラックシープのアッガイさん、このリールはほとんど使ってないのですが、パイロットガイドは減り減り。やっぱ砲金シャフトのほうがマッチングいいですね~。

IMG_2088続いてラインガード。これもグリスガッツリかたまっててクリーナーでは取れませんでした。ティッシュでふき取ってクリーナー。

IMG_2089一応全部キレイにしました~!

続く。